大豆蛋白

食品

大豆蛋白は、蛋白質の中で最高のものですが、近年、女性の間で「摂りすぎると乳がんになる」などといわれるようになりました。
それは大豆にとって失礼な話で、2017年3月、アメリカのタフツ大学、エモリー大学から、大豆の名誉を回復する研究結果が報告されました。

【以下要約】
乳がんと診断されたアメリカ人女性、カナダ人女性6,235名において、食事からのイソフラボン摂取と全死因死亡率との関連を検討した。
平均9年間のフォローアップ期間中、イソフラボンを多く摂取した乳がんの女性は、より少なく摂取した乳がん女性と比し、死亡のリスクが21パーセント低かった。
この数字は抗エストロゲン(ホルモン)療法を受けていない女性に限定されたが、ホルモン療法を受けている女性間においても、イソフラボンの高摂取で死亡率が上昇することはなかった。
今回の研究により、大豆製品は乳がんの予防だけでなく、乳がんの女性に対しても有益であるというエビデンスが示唆された。「大豆製品は健康的な利点が多くあると、女性に対し大豆製品の摂取を推奨することが出来る」と、エモリー大学のオマー・クチュク医師は論説において述べている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食品の研究では、上記のようなことはよくありますが、成分抽出ではなく食品として丸ごと食べる場合は、害になることは殆どないといえるでしょう。

Comment(1)

  1. REPLY
    pingback ホウレン草について | 食養生すこやかの会 says

    […] 9月7日に当ブログで書いた大豆蛋白のように、いずれ名誉回復の論文が発表されるのではないでしょうか。 […]

Post a comment