塩について その5

自然医学, 自然療法

<塩療法>

「人間が海に浸かって生活していれば、病気になることは無かっただろう」という説を目にしたことがあります。

海は生命体の歪みを正し、健康を増進してくれる巨大な自然治癒力の持ち主で、最初にご紹介したタラソテラピー(海洋療法)は、「海洋性気候の中で、海水・海藻・海泥を用いて行う自然療法」として確立され、特にフランスで盛んです。

ただし、海洋がもつ巨大な自然治癒力は、海水の自浄力に比例するといわれ、海水が汚染されると自浄力が弱まることから、現代では海の質を守ることが課題だといわねばなりません。

以下に、塩にまつわる自然療法を簡単にご紹介したいと思います。

■食塩泉
日本の温泉の中で最も多い泉質だといわれ、ミネラルと塩分、微量元素が含まれています。
塩の特長として、体内に蓄積された食毒・薬毒の溶毒と排毒が顕著で、体質を陽性化し、人体の生理的な働きを活性化します。

■塩温石
自然塩を乾煎りして布袋に入れ、タオルで包みお腹に当てます。
腹痛、下痢、冷え、急性の食あたり、感染症など

■塩番茶
熱く煮出した番茶に、2%前後の天然塩を入れます。
口腔洗浄、皮膚病、鼻腔洗浄、眼の洗浄(眼病の予防と治療)
・湿布法:塩番茶をガーゼに浸し、軽く絞って患部に15分ほど当てる。1日2回ほど行い、眼の場合は洗眼する。
・鼻血、胃潰瘍出血には、濃い塩番茶を温服する。

■醤油番茶(醤油は天然塩使用のもの)
スプーン1~2杯の醤油を湯のみに入れ、煮出した番茶を注ぎ、熱いうちに飲みます。
疲労、肩こり、胃腸障害、貧血、心臓病など

■梅生番茶
梅干しを湯のみに入れ、梅干しをほぐして練ります。根生姜の搾り汁を5~6滴入れて練り合わせ、醤油を小さじ1~3杯加え、熱い番茶を注いで飲みます。
極度の疲労、食あたり、腹痛、心臓病など

■塩歯磨き
塩は細胞を引き締め、殺菌力がありますので、良質の天然塩は歯磨き粉として優れています。

■最後に、私たちの生命体の活力でもある塩の効力について記しておきたいと思います。
・消化管の各消化液の分泌を高め、腸の蠕動運動を促し、腸内の異常腐敗を抑制する。
・血管、及び心臓内壁に付着した老廃物を溶解・除去することにより老化を防止する。
・各内臓組織の機能を活性化し、生理作用や新陳代謝を円滑に行う。
・脳神経の機能を活性化し、血液の浄化や自然治癒力の増進を促す。
・防腐・殺菌・解毒作用を発揮して、食毒、薬毒、悪玉菌などを排除する。

 

※参考文献:自然医学誌「生命と塩」、「水と塩」

Post a comment