老化について- 尿路系

生活改善, 老化

前回まで、跳躍運動や腰痛予防の運動などをお勧めしましたので、その副産物として尿路系の老化防止について記してみたいと思います。

出産を経験した女性の多くは、「産後の尿失禁」というのをご存知ではないでしょうか?

これは、 腹圧性尿失禁といって咳やくしゃみなど腹圧をかけた時に失禁するもので、骨盤底筋という骨盤を支えている筋肉が緩むために起こるとされ、産院で指導される軽い腹筋運動で簡単に改善します。

同様の尿失禁は加齢でも増加がみられ、40歳以上の女性の4割以上が経験するといわれています。
しかし、筋肉の緩みは産後の尿失禁と同じなので、予防は難しくありません。

男性の場合は、やはり加齢で増加する前立腺肥大症に起因して、排尿困難や急に尿意を催す切迫性尿失禁がありますが、前立腺の手術後に腹圧性尿失禁を訴える方が増えているようです。

前立腺肥大症のような内臓器官の老化防止は、運動よりも食事の方が遥かに重要ですので、ここでは触れません。

私たちのお腹の中の臓器は宙に浮いているわけではなく、背中側の壁にしがみついているか、その壁から伸びている膜に覆われてぶら下がっています。

ですから、老化によって腹部周りの筋肉が弱ってくると、当然のことにトラブルが起こってきます。

腹圧性尿失禁もそうですが、男性に多い腹部ヘルニアや、女性の子宮脱なども、こうした腹部周りの筋肉が緩むことによって起こります。

私たちの体は何らかの事情により機能を落としていくとき、生命にとって優先順位の低い方から始めますので、体の表皮に皺や緩みを発見したら、運動を始めることをお勧めします。

生理的な衰えは、表面の皮膚よりも内臓を支える筋肉のほうが頑張っているはずですので、充分に間に合います。

腰痛予防の腹筋運動や、骨代謝を促す跳躍運動を行っていると、副産物として尿路系のトラブル防止にも役立ち、加齢性の誤嚥にも無縁でいられるようです。

現在は情報過多の時代ですから、症状別に様々な運動やトレーニングが紹介されていますが、食べ物と同様、症状別に体に良いものを摂るとしたら、一日中食べていなければなりません。

文明の発展は、複雑・細分化と共に部分的な対応になりがちで、わからなくなるとタバコなど何かをやり玉に挙げて納得する傾向があるように思うのですが、病を遠ざける方法は、食事でも運動でも至ってシンプルな気がします。

 

※画像の出典は、金芳堂出版社「人体解剖学ノート」清木勘治 著

Post a comment