油脂について

生活改善, 食品

肉と魚では、脂肪酸に大きな違いがあります。

脂肪酸とは、動物や植物の中にある油脂の主成分で、バターや牛肉のように常温で固形になる飽和脂肪酸と、魚や植物油のように常温では固まらない不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸というのは、「両手両足とも別々の相手とつなぎ合っていて飽和状態」です。

一方、不飽和脂肪酸というのは、「同じ相手と両手で握手している所があり、片手を自由に離すことができ」て、自由な手が多いほど血液をきれいにする力が強くなります。

脂肪酸は鎖のようにつながった構造で、鎖の9番目(オメガ9)が1組だけ(1価)両手で握手しているのを「オメガ9脂肪酸(1価不飽和脂肪酸)」といい、オリーブオイル、菜種油、アーモンドオイル、米油などがあり、酸化されにくいので加熱料理にも安心です。

ただし菜種油、特に「キャノラー油」は遺伝子組み換え品種が主力で、大量に日本が輸入して表示義務も無いため、お勧めできません。

両手の握手組が2~3個あり(多価)、鎖の6番目(オメガ6)に初めて握手組が現れるのを「オメガ6脂肪酸」といい、ベニバナ油、コーン油、大豆油、ヒマワリ油、ごま油など多数あります。

両手の握手組が5~6個あって(多価)、鎖の3番目(オメガ3)に初めて現れるのが「オメガ3脂肪酸」で、魚油のEPAやDHA、えごま油などがこれにあたります。

オメガ6とオメガ3は、体内で合成できないために、食物から摂らなくてはなりません(必須脂肪酸)。

しかしながら、両者には理想的な摂取比率があり、オメガ3:オメガ6 = 1:2~4 とされますが、現代人はオメガ6の摂りすぎで、1:10~14 それ以上ともいわれます。

オメガ6脂肪酸は加工食品やお菓子などに多く使用されており、意識しないで口にして過剰となる傾向があって、バランスの崩れから、心臓疾患、癌、アレルギー、その他の生活習慣病を引き起こす危険性が指摘されています。

食の改善は、まず水と塩ですが、その次は油脂だと私は考えていて、ずいぶん前から料理にはオリーブの実をしぼっただけの「エクストラバージンオリーブオイル」を使用しています。

自然医学では、病気治しの場合は体を酸化させないのが重要ですから、油は少量のオリーブオイルを生で摂ることだけ許されておりました。

私は、普通にオリーブオイルで天ぷらや炒め物も調理し、料理によって胡麻油も使うことがありますが、市販されている加工食品やお菓子を食べることは滅多にありません。

Comment(1)

  1. REPLY
    pingback トランス脂肪酸 | 食養生すこやかの会 says

    […] 植物性の油は、前回の「油脂について」で述べましたように、キャノラー油を避けることとオメガ6を摂りすぎないこと、といえます。 […]

Post a comment